オリラジ中田が感じた iPhoneの「粋」とは

印刷

   <テレビウォッチ>お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦がブログで、iPhoneの使い勝手について紹介している。

   2009年8月20日の記事で中田は、携帯電話をiPhone(アイフォーン)に替えことを紹介した。アイフォーンを「知れば知るほど画期的」と驚いている。そして、23日の記事で今度は、「音声認識アプリ」を利用したことを書いている。

   このアプリを使えば、喋った言葉が文章として画面に打ち出されるという仕組みだ。中田いわく、「意外とちゃんと認識する。長い文章書く時にこれならすごく早い」。

   そこで、中田は、固有名詞もきちんと認識できるのか、試してみることにした。「オリエンタルラジオ」や「エヴァンゲリオン」は認識した。が、試してみた中では、1つだけなかなかうまく認識できないものがあったという。

   ある言葉に対して、画面上には「愛したい」「退院したいん」などと間違って表示される。さて、中田が喋ったのは、「アインシュタイン」だった。が、この間違い、中田は粋に感じているようだ。

   「でもアインシュタインを愛したいとしてしまう間違いは結構いい間違いかもしれない。何が『いい』のかわからないけれど」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中