2018年 7月 19日 (木)

尾崎が「世界」女子マラソン銀 「お家芸の看板」降ろさずに済んだ!

印刷

   <テレビウォッチ>今日(8月24日)の冒頭、ベルリンの世界陸上最終日の模様を取り上げた。中でも真っ先に触れたのは、尾崎好美(28)の女子マラソン銀メダル獲得だった。

   「陸上通」の小倉智昭は、尾崎選手がまだマラソン3回目だということや、身長は低いが股下が長いなどと解説、「大変優秀な成績だった」と持ち上げた。「Qちゃん」高橋尚子の引退や渋井陽子らの故障の中、「救世主」が現れるかと待っていると、「(救世主は)尾崎さんでした」。

   小倉はさらに、「女子マラソンは日本のお家芸」という看板を降ろさずに済んだ、とほっとした様子だった。「今後に期待したい」とも話していた。

   ほかに、男子やり投げの村上幸史(29)の銅メダル、男子400メートルリレー4位も紹介した。しかし、何といっても今回の世界陸上で記憶に残ったのは、100メートルと200で世界新を出して優勝したボルトだったようで、小倉は、ゲストの海堂尊とピーコとはボルトネタで会話を交わした。

   その後は特にこの話題に戻ることは無かった。世界陸上がTBS系の放送だったとは言え、せっかく小倉を擁するこの番組なら、日本勢の活躍をもっと時間を割いて紹介して欲しかった。

文   赤坂和郎
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中