2018年 7月 19日 (木)

地震速報…「揺れない。誤報?」 それでも出続けたテロップ

印刷

   <テレビウォッチ>6時37分ごろ、みのもんたが「痴漢防止のために男性専用車両を!」などと主張していると、突然画面に関東地方向けに強い揺れを告げる「緊急地震速報」が現れた。

はじめて

   「(緊急地震速報)見たのははじめてだなあ」。自称・視聴者代表の大物司会者が呑気にコメントする一方、杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長は「これから来ます。皆さん注意してください」と張りつめた声で呼びかける。

   地震の発生をいち早くキャッチして、うまくいけば大きな揺れの数秒~10秒ほど前に知らせしてくれる「緊急地震速報」。もっとも、大きな被害が予想される直下型地震などは震源が近すぎて、到底間に合いそうもない。揺れる前に速報を見られたなら、それは安心のメッセージだと慢心してしまいそうだ。

   スタジオでは数十秒、数分が経過。何も起きない。「もう来てないとおかしい」と杉尾が首を傾げ、「(時間が)かかりすぎてますね」とみの。結局、「願わくば揺れてほしくない」というみのの思いは叶ったのだった。

   そのころには、どうも誤報だったのかもしれない、と視聴者含めて誰もが思ったはずだが、コトが重大だけにスタジオでは誤報の可能性を口にしない。その間も「地震速報」のテロップは画面を占領しつづけた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中