2018年 7月 18日 (水)

荻野目洋子が大興奮 「おもちゃのカンヅメ」中身は…

印刷

   <テレビウォッチ>歌手の荻野目洋子がブログで、「おもちゃのカンヅメ」が手元に届いたことを興奮気味に語っている。

   金のエンゼルのその後――。荻野目は2009年7月26日のブログで、森永製菓のお菓子「チョコボール」の当たりマーク・金のエンゼルを引き当てたことを報告した。この当たりマークを送れば、「おもちゃのカンヅメ」をゲットできるという代物だ。8月24日のブログによると、荻野目はハガキに「金のエンゼル」を貼り付けて、送付。だが、何かトラブルがあったらどうしようかと、届くまでは不安な日々だったという。

   そうして、昨日。郵便受けにあった不在票の送り主の欄には、「おもちゃのカンヅメ」とあった。荻野目は慌てて宅配業者に連絡をとって、待ちにまった品が無事に届いたのだった。掲載された写真によると、箱の外見にはたしかに、キャラクターのキョロちゃんのイラストが描かれている。「いつもチョコボールをたべてくれてサンクエ」という文字も見える。

   「開けるまでが本当に楽しかったのは、言うまでもありません。ワクワクしちゃいました。なんたって私も初めて目にするんだもん」

   子ども達と一緒に箱を開けてみたのだろう。荻野目は中から出てくるプレゼントの一つひとつに歓喜の声を上げて、楽しんだみたいだ。ちなみに、中身の写真は「夢があるものなので」、アップしないことにしている。

   「正直言って、幼児向けですが、なかなか当たらない確率を考えると、まるで『チャ―リ―とチョコレート工場』のチョコに金の招待状が入ってた時のような興奮状態でした」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中