磯山さやか「久々にドキドキ」 甲子園の「胸キュン」男性

印刷

   <テレビウォッチ>タレントの磯山さやかが、夏の全国高校野球選手権・決勝戦を観戦、「本当にいい試合でした」と興奮気味に綴っている。

   試合は中京大中京高(愛知県)が日本文理高(新潟県)を10対9の僅差で破り優勝した。2009年8月24日の記事で両校をたたえ「本当に素晴らしい決勝でした!!」と磯山。特に、中京大中京の6点リードで迎えた9回表2死から日本文理が5点を返し、同点まであと1歩と迫ったことに「野球は9回2アウトまで何がおこるかわからない」の言葉通り、「最後まであきらめない全力の姿に感動しました!」とスリリングな試合展開に大満足。

   さらにこの試合、先発投手を務め本塁打も放った中京大中京の堂林翔太選手にも「胸キュン」だったといい「久々にドキドキしちゃった(笑)高校生なのに」とお気に入りの選手もできた様子。「今年も、素敵な夏を過ごせた感じです」と嬉しそうにこの日のブログを締めくくっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中