ウーパールーパー丼の衝撃 知りたくなかった「続き」もある

印刷

「追跡!あのニュースの続き」(フジテレビ) 2009年8月23日 16時05分~

   かつてニュースや情報番組で騒がれた人、モノ、出来事のその後を追跡調査するというもの。2007年5月、パクリ遊園地と話題になった中国・北京の「石景山遊楽園」。ディズニーやドラえもん、キティちゃんなどのニセキャラクターで騒がれたあのパクリ遊園地は今、どうなっているのか、潜入取材する。ほかに記憶喪失の「ピアノマン」、直立不動の「風太くん」、最近見ることの少なくなった「2000円札」など。「石景山遊楽園」のパクリキャラたちは消えていたが代わりに作られたオリジナルの着ぐるみの完成度の低いこと低いこと。暑いからか背中のチャックを半開きにし、中に人間が入っているのが丸わかりといういい加減さがいかにも中国らしい。
   驚いたのは1980年代にエリマキトカゲとともに大人気だった「ウーパールーパー」。近頃は普通に熱帯魚屋さんでも見かけるので、それほど希少ではないのだなとは思っていたが、番組で驚愕の事実が明らかに。なんとから揚げにされて出てきたのである。写真で見せられただけだがウーパールーパー丼というものもあるらしい。これが姿揚げで見た目がエグいのなんのって。なんでも現在、ウーパールーパーを養殖し食用化を試みているそうだ。あの人気者だったウーパールーパーが食用だなんて……知りたくなかった。
   とはいえ、ニュースの続き、という企画自体は悪くないと思う。ネタはまだまだ山ほどあるだろうし。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中