学力テストの50億円 怒る論説委員「格差改善に使えば」

印刷

   <テレビウォッチ> 「ちょっとおもしろい文言がありますんで……」とみのもんた。全国学力テストの結果を分析した文科省の報告に、「就学援助を受けている生徒が多い学校のほうが、少ない学校よりも正答率が低い傾向がある」との文言があったという。

怒られてるみたい

   しかし、それを聞いたコメンテイターの与良正男・毎日新聞論説委員はおもしろがるどころか、いまさらナニをとばかり、珍しくキツい口調で怒りを露わにした。「50億円かけてテストやらなくてもそんなこと分かるでしょ。それをどうするかがずっと問題で、そのお金をこういう傾向、格差社会を改善する方向に使ったらどうか」

   みのは「こわいよ、(自分が)怒られてるみたいで」と戯けて見せたが、与良は「この学力テストって、毎年毎年何のためにやってるのかと思いますね」とまったく語気をゆるめず。

   「ゼニのない奴ァ、結婚すんな」と学生にアドバイスする首相に「カネのない奴は成績が悪い」と宣伝する役所。首相とその行政機関は正論と識見を伝えるのが仕事になったらしい。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中