東国原知事がつく民主党の弱点 小沢代行と「考えの違う人も」

印刷

   <テレビウォッチ>司会のみのもんたが、昨日(8月30日)夜から今朝の「顔」のなかで、番組内で度々言及したのは、小沢一郎代表代行の仏頂面だった。

不機嫌な

   「『小沢チルドレン』と言われると、不機嫌な顔になった」というみのは、なぜ小泉チルドレンに対して鳩山チルドレンではなく、「小沢チルドレン」なのかも疑問だったようだ。

   「選挙担当の代表代行だった」からではないかと、民主党の細野豪志議員。いわゆる「小沢グループ」は150人になるとも見込まれ、党内の影響力は党首よりもありそうだ。

   「民主党には小沢さんと考えの違う人もいる。そのへんの調整をどうするのか」とゲストの東国原英夫知事。さらに「(小沢が)出て行こうと思ったら、この150人で固められますね」「第1党になる」と民主党の「二重権力構造」を指摘する。

   同じく番組ゲストで、いつもより口数1/3といった感じの自民党の山本一太参院議員と対照的に、東国原は民主党の「危うさ」追及に熱心であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中