2018年 7月 19日 (木)

珍獣ハンターイモト、選挙もハント? 特番視聴率との関係

印刷

   <テレビウォッチ>きのう(8月30日)夜終わった32回目の「24時間テレビ」。パーソナリティーに、チャリティーが菅野美穂、番組にベッキー、ネプチューン、メインに NEWSなどを擁して終わったのだが、たったひとつの誤算が、呼び物のマラソンが時間内にゴールできなかったこと。

力になる

   ランナーはイモトアヤコ(23)。珍獣ハンターでの体を張ったルポ、太く描いたマユが売りだが、陸上をやっていたなどから、ウッチャンの内村光良が選んだという。

   女性としては最長となるフルマラソン3本分、126.585キロを24時間で走る予定だったが、ひざの痛みや途中の雨と寒さなどから、番組終了の20時57分には、まだ1キロを残していた。練習でひざを痛めてしまったのが本番でも響いた。

   そこで「スッキリ」が、そのあと起こったドラマを一挙に、というわけだ。

   東京ビッグサイトの会場では、放送終了後もスタッフから観客まで何百人もがイモトを待ち続け、「イモト・コール」のなかゴールしたのが21時12分だった。テープを切ったイモトをNEWSの手越祐也がしっかりと抱きしめた。イモトは手越のファンなのだと。「感動しました」と菅野美穂やベッキーが涙ぐんでいる。

   「皆さんのおかげです。いちばん幸せな24時間」、母には「お母さん、走りきりました」といってるところへ、内村が「お前普通の顔になったな」。雨でトレードマークの太いマユがはげ落ちてしまっていた。

   加藤浩次が「天候の悪い中をよくがんばりました」

   テリー伊藤が「あのときみんなに励まされたのが力になる」

   三船美佳も「マユ毛がなくても、最高に輝いていた」

   24時間テレビでは、テリーのプロデュースになる「ダンス甲子園」で、女子高生のチームが初めて勝った。

   テリーは「4回目で初めて女の子。よかった」

   加藤も「あの女の子たちすごい」

   テリー「世界でやったら、日本が優勝するんじゃないか」

   ほかに、2年越しになっていた盲目の少女、立木早絵(16)の津軽海峡横断も成功した。

   日テレは、24時間テレビのあと、そのまま総選挙の開票速報に移行したのだが、視聴率は各局の中で最高を記録したという。エンタメから入るのが、正しい政治への入り方?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中