各テレビ局の選挙特番 視聴率の勝者は?

印刷

   <テレビウォッチ>2009年8月30日夜の各局選挙特番の中では、日本テレビ系の「ZERO×選挙2009」第1部(21時~90分間)が平均視聴率26.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)と最も好調だった。直前まで放送されていた「24時間テレビ」も、タレントのイモト・アヤコの24時間マラソンなどで注目が高く、影響した可能性もある。

   他局では、NHK総合「衆院選2009開票速報」(19時55分~65分間)は24.7%、テレビ朝日系「選挙ステーション2009」第2部(22時~90分間)は12.0%、TBS系「乱!総選挙2009」第2部(21時30分~120分間)は9.5%、フジテレビ系「FNNスーパー選挙2009 審判の日」(21時30分~120分間)は8.5%、テレビ東京系「ニッポン戦略会議~あすへの提言~」第1部(19時57分~231分間)は2.4%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中