小沢チルドレンの「タイゾー君」は誰だ

印刷

   <テレビウォッチ>「刺客」として、自民の「大物」久間章生・元防衛相(68)を追い落とした小沢チルドレンの民主新顔、福田衣里子(28)が今日(8月31日)、スタジオとの生中継インタビューに登場した。

   福田新議員との話が終わった後、スタジオの感想は「いい国会議員が生まれましたね」「違った存在感」「個人の魅力(がある)」といった好意的なものだった。前回衆院選時の小泉チルドレンと比べられることが多い小沢チルドレンだが、長谷川豊アナは福田らを引き合いに「なかなかしっかりしている」と両者の「違い」を指摘した。

   続いて、民主党執行部が「引き締め」のため民主1年生議員へペーパーで配っているという心構えをボードで示した。曰く、横柄な印象を与えない、政治信条や取り組みたいことを整理する、党の政策に真正面から反対する主張は避ける、担当記者を把握し回答内容を記録、ゴシップ狙いには対応しない、の5項目だそうだ。

   ここで長谷川は、「名前を出してアレですが」と、小泉チルドレンの代表格(?)、タイゾー君こと杉村太蔵・前議員(30、今回は公認争いに敗れるなどして立候補せず)を持ち出した。「杉村太蔵さんのような感じにならないように……」と口にすると、スタジオから失笑がもれる。高木美保は「もういいじゃない」と止めに入る。

   しかし、長谷川は「どうしてもあの印象が。2000万円ですよ、という印象が出てしまった(編集部注:杉村前議員が初当選直後、高額歳費がもらえる、とはしゃいだかのような発言をして批判を浴びた)」と続けた。高木は「許して上げようよ」とさらにかばった。

   長谷川は、小沢チルドレンだけが小泉チルドレンとは違う、と主張したい訳ではなさそうで、次は小泉元首相の次男で神奈川11区で初当選した、自民党の小泉進次郎・新議員も期待できる1年生議員だとして紹介した。結局、小泉チルドレン=素人集団で頼りなかった、小沢チルドレンなど今回選出の新議員=与野党問わずなかなか頼もしい、という構図を印象として与える展開だった。小泉進次郎・新議員の場合、リアル小泉チルドレンだけに混乱しそうな気もするが、分類はどうでもいいか。何チルドレンであれ、本当の意味での「国民目線の政治」に期待したい。

文   赤坂和郎
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中