自民総裁選「ルール崩壊」 マスコミ人も悲喜こもごも

印刷

   <テレビウォッチ>番組冒頭の「今朝の顔」は「民主党新政権発足へ動き出す」の次に、自民党の後継総裁関連。前者は様子見的で、後者は盛り上がる。番組コメンテイターの杉尾秀哉TBS解説・専門記者室長は、TBSの番組に出ずっぱりで忙しく「1時間しか寝てません」と言うわりに、大好きな阪神タイガースが勝ったときのような、あるいは何かキメてるようなハイテンションを見せた。

たった1人の

   自民党は特別国会の首相指名選挙に誰の名前を書くのか。どっちにしろ勝ち目はないが、すでに辞任が決まってる麻生総裁にするのもヘンだし云々というトピックに、「別の人間の名前を書くわけにもいかないんでしょうね」と笑う杉尾。「18日(総裁選)告示って遅すぎるよね」

   総裁選に誰が出てくるのか、と司会のみのもんたが聞く。いろいろ動きはあるが、「(総裁選立候補に必要な国会議員の推薦を)20人集めるのが大変」と杉尾はにやつく。与党自民の議席数を前提にした総裁選ルールが「崩壊」したことが、かなり興に入った模様だ。

   杉尾の話を聞いて、「たったの1人の派閥もある。それも、ちょっとね」と苦笑するみの。こちらのほうは、杉尾より若干、同情気味なトーンがなきにしもあらずだった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中