押尾学チェイス4時間 「地裁はなぜ保釈?」

印刷

   <テレビウォッチ>岸本哲也リポーターによると、きのう(8月31日)18時過ぎ保釈されて東京・三田警察署を後にした押尾学被告(31)を、番組を含めたメディアは4時間、追いかけたという。その挙げ句、まかれたらしい。雨風の中、ご苦労なことだ。

この先は?

   小倉智昭は「そうまでして追いかけるのは、3時間、何をしていたのかとか、まだ納得できないところがあるからだと思う」と話す。

   ここで言う3時間とは、押尾被告と同じ部屋にいて合成麻薬を飲んだ女性(30)が異常を来してから救急車が呼ばれるまでの時間。結局、女性は変死体で発見される。

   番組が取材した女性の両親も、3時間に何があったのか本当のことを知りたいとし、「何で早く救急車を呼んでくれなかったのか聞かせてほしい」と述べる。

   酒井法子事件では『空白の6日間』はほぼ明らかになったが、押尾被告の方は、『空白の3時間』がナゾのまま残っている。捜査当局は何を握り、なぜ沈黙しているのか。

   竹田圭吾は、押尾被告が女性の死亡に直接的か間接的かはわからないにしても、どれだけ関与しているかを調べる強い意思があって、検察は保釈決定に対して準抗告したのだろう、地裁がなぜ保釈したのか、わからない、と語る。

   渡辺満里奈が「押尾被告は女性から(合成麻薬を)もらったと言っているけど、それもわからない。入手経路も含めて真相を解明してほしい」と口にすると、竹田が「マイケル・ジャクソンと同じで不法薬物で亡くなられた場合、その場にいた人しかわからない。押尾被告をもっと追及しないとハッキリするところは出てこない」と述べた。

   岸本によれば、保釈金の400万円は一般の麻薬取締法違反に比べて高いそうだ。

   小倉が「この先、どうなるんですかね」と結んだ。さらに大物は出てくるのか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中