堺正章「チューボーですよ!」 番組としては☆いくつ?

印刷

「チューボーですよ!」(TBS) 2009年8月29日 23時~

   入れ替わりの激しいバラエティ番組の中で15年も続いている人気番組だ。毎回ひとつの料理を作るのだが、その料理のレシピ(作り方)を街の3人の巨匠から学ぶ。30分番組ながら、その中に料理+グルメ情報+トークなどさまざまな要素が入っていて、お得感があるのが人気の秘密かもしれない。
   巨匠こと堺正章とゲストで作った料理を試食後、ゲストが☆をつける(☆は3つが最高)というのがお約束になっている。この日のメニューは関西風お好み焼き。これをゲストの萩原健一とともに作るのだが、堺はもちろん、萩原のキャベツの千切りが上手なのには驚いた。理由あってふたりとも現在ひとり暮らしということで、似たような境遇をぼやきつつ笑い合い、楽しくやっているような話が面白かった。萩原というととっつきにくいイメージがあったのだが、娘とメールしていて絵文字は使わないけどハートだけは打てるなど私生活の話も普通にし、お茶目な一面も見せていた。堺はザ・スパイダース、萩原はザ・テンプターズ、元グループサウンズ同士ということで、料理の途中でザ・テンプターズのヒット曲「エメラルドの伝説」を一緒に歌い盛り上がる場面も。
   考えてみればバラエティ番組の多くは若者向けに作られていて、大人が見られるものは数少ない。この番組はその貴重なひとつといえる。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中