ドラフト会議に1000人招待 抽選はずしたらブーイング?

印刷

   <テレビウォッチ> 年に1度の大イベントなのに、なぜか重苦しい空気が支配していた「ドラフト会議」。これが変わる。

静かに

   きのう(9月3日)日本プロ野球機構(NPB)が、10月29日の新人選手選択(ドラフト)会議の会場に、ファン1000人を招待すると発表した。まさにサプライズ。

   NPB顧問の王貞治・前ソフトバンクホークス監督(69)も,「なぜ今までこういう話がおきなかったのかな。野球ファンがプロ野球をより身近に感じてくれるんじゃないかと。自分はドラフトに関わったんだというね」と自画自賛する。

   と、「スッキリ」は、「このドラフト会議に、スッキリをご覧の皆様をご招待」とやった。いつもの「プレゼント」のひとつというわけだ。ボックスティッシュとセットでペアで5名様だと。これまた素早い反応だ。他局もやるんだろうか。

   テリー伊藤は、「密室中の密室でしたからね。報道陣だって入れなかった。将来的には、東京ドームでやってほしい」

   「ファンも喜ぶ」とさかもと未明。

   加藤浩次が、「静かにしてるんですかね」

   テリーはもうのりのりだ。「ゴー、ゴー」と腕を突き上げる。

   加藤もたちまち、「当てろー、みたいな」(爆笑)

   テリーはどんどんエスカレート。「ファンもいるからね。ユーセ、ユーセ(と手拍子)」(爆笑)。今年の目玉、花巻東の菊池雄星投手のことだ。「のぼり立てて、トランペット吹いて」(爆笑)

   加藤「引き当てなかったら」

   テリー「ブーイングですよ」(爆笑)

   王・前監督も、びっくり?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中