敗戦自民と「更地に残った大きな石」 党再生への悲観論とは

印刷

   <今週のワイドショー通信簿>2009年8月30日投開票の衆院選では、民主党が大勝し、政権交代が実現した。

   「珍獣ハンターイモト、選挙もハント?~」(スッキリ、8月31日)、「自民・河野太郎が懸念する 『自民勝ちすぎ』の意味」(朝ズバ、8月31日)、「『無党派層』の終わり 民主圧勝にみる『自立派層』誕生」(とくダネ、8月31日)、「自民党、いつ『終わっていたか』 石破農相が分析」(スパモニ、8月31日)などが取り上げた。

   朝ズバ通信簿は、出演した小選挙区当選組の河野太郎が、「(自民党が)世代交代するなら、もう少し整理したほうがよかった」「負けるなら、とことん負けて一から出直し――更地に大きな石がずいぶん残っちゃったんで」と話したことを伝えた。

   河野議員が指摘した「大きな石」とは誰のことなのだろうか。ある程度は想像できるが。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中