2018年 7月 18日 (水)

24時間テレビと選挙特番 20時台勝者とその勝因

印刷

   <テレビウォッチ>日本テレビの24時間テレビ。衆院選開票日によくぞ堂々とやった。イモトアヤコが走ったマラソンも、予定時間を少し超えつつも完走してすごい。

   これまでやった内の好企画、定番ものをお馴染みさんとして散りばめた番組作りだった。これが成功した要因だろう。馴染みの24時間マラソンなどを横軸に、国内の世界遺産巡りやダンス甲子園を縦軸に組み合わせていた。ドラマに出た錦戸亮はなかなかの芝居を見せてくれた。2年越しの目が不自由な少女の津軽海峡リレー水泳もあった。

   ともかくテンポが良かった。司会陣が大騒ぎしないのも好印象だった。菅野美穂は地味に抑えてやっていたし、徳光和夫も落ち着いていた。

   各局より1時間遅れて選挙特番を始めたので、他局が選挙報道をやっている20時台の24時間テレビ最終盤は31.1%というものスゴイ数字を出した。その後21時からの選挙特番も26.4%と高い数字で、流れの勝利と言えるだろう。

   24時間テレビは、日本人の情緒を掴んだ。感動を盛り上げようとせず、淡々と紹介したのが良かった。マラソンのイモトも、トレードマークの濃い眉毛がいつ落ちるか、と気にして見ていた人も多かっただろう。やっぱり落ちていた。

   いずれにしても、24時間テレビから選挙特番へと勢いがあったことが勝因だ。

      オレもまた 弱者なんだと 涙ぐみ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中