必要なのか「前議員バッジ」 色にみるその「秘密」

印刷

   <テレビウォッチ>衆院選の落選議員の悲哀ものを伝えた映像の後、長谷川豊が「へえー、知らなかった」というものを紹介した。

   今日(9月8日)も民主政権人事ものが話題になる中、前議員にも焦点を当てた。長谷川は、よく見かける周囲が赤紫っぽい衆院の「議員バッジ」をまず見せる。その横に周囲が黄色のバッジも置いている。何か。衆院の「前議員バッジ」なのだそうだ。

   このバッジがあれば、国会や国会図書館、省庁などに入ることができる、という説明だった。小倉智昭は、バッジの色について「前議員だから色あせてるんだ」と茶々を入れたが、長谷川は「(色あせてるのではなく)黄色なんです」と強調した。

   小倉はさらに、このバッジを持つことができるのは、前議員だけか元議員もか、と質問。長谷川によると、元議員も持っているそうだ。また、参院の「前・元議員バッジ」は緑色との情報も伝えた。

   「前・元議員バッジ」なる代物は、本当に必要なのだろうか。

文   赤坂和郎
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中