ケータイロボット「何の意味が?」 素朴な疑問封じられた理由

印刷

   <テレビウォッチ>ケータイのKDDIがデザインコンセプトiidaの新製品を発表した。14人の若手デザイナーの共作とかで、まあ、機能はいろいろ、デザインもいろいろ。とくに充電器などに面白デザインが並んで、確かに楽しげだ。

充電も?

   携帯電話の新規加入は、2007年から08年にがくっと落ち込んだが、これは07年にNTTなどが進めた「2年契約」のため。それがこの秋には解ける。そこで……というわけだ。むろん、他の携帯会社も動き出している。

   で、iidaのロボットというのが、スタジオに登場した。ソフトボールよりふたまわりくらい大きいボール型だ。

   加藤浩次が「未来型のロボットということですが?」といぶかしげ。

   「いま開発段階なんですが」と中山美香が説明する。これに携帯をかざすと、左右に扉が開いてそこに携帯をセット。すると、ボールが動き出す。

   「オーッ」とみな声をあげる。中山が「個人情報によって、動き方が違うんです」というが、それで何ができるかというのがよく分からない。

   テリー伊藤が、「何の意味があるの?」と当然の問い。

   中山「それは、個人情報が……」。テリーもまずいと思ったか、苦笑い。

   冨田リカが「インテリア感覚」

   加藤「受信しなくても動く? 充電もできる?」

   中山「いえ、充電は別で、ただ電池が切れると、自分で動いて充電しに行く」

   加藤「お掃除ロボットに充電したりして……」(笑い)

   テリー「起こしてくれたりするの?」

   中山「かもしれません、将来は。いまできることは」というのが、これまたわからない。

   ロボットを介してテレビにつなぐと、スケジュールが出てきて、つまり何を食べたか、何をしたかなどなど。そうした生活情報データを分析して、行動を提案してくれるのだという。

   あきれた。そこまでケータイに左右されてたまるか。しかし、さすがのテリーもそれをいうわけにいかない。まあ、自業自得。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中