「かんなぎ」武梨えり 「本物」かどうか疑われる

印刷

   <テレビウォッチ>漫画「かんなぎ」の作者・武梨えりが、東京・青山のギャラリーで行われていた「かんなぎ展」に行ってきたと報告している。

   2009年9月9日の記事で、5日にギャラリーを「のぞいてきました」と武梨。訪れた人が自由に書ける「コミュニケーションノート」にコメントを残してきたそうだが、これを見た「お客さん」が「絵が無いと本物か分からねぇ」とつぶやいたのを聞いたそうだ。「そりゃそうだ」と納得し、「ほ、ほんものですよ?」とおどけている。

   「かんなぎ」は「Comic Rex」(一迅社)で連載されていたが、09年1月号から休載している。武梨は4月にブログで「無理がたたった末の大病」のため、自宅療養を続けていると綴っていたが、8月の更新では「普通の生活ができるくらいに回復してきました」と着実に状態が快方に向かっていることをアピール。ただ、「最低1年は休筆しようと思ってます」と復帰までの道のりがまだまだ遠いことも示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中