2018年 7月 24日 (火)

北川景子もビックリ!? 生放送で脚本家に「文句がある」

印刷

   <テレビウォッチ>今日(9月11日)のゲストの1人は、初登場の脚本家、大森美香だった。放送中のドラマ「ブザービート 崖っぷちのヒーロー」(フジテレビ系)も手がけている。

   ドラマは、山下智久や北川景子、相武紗季らが出演している恋愛ものだ。番組冒頭部分でMC小倉智昭は、大森を紹介するや否や「いきなりですけど、文句があるんですけど」と切り出した。ドラマの展開に関して言いたいことがあるようだ。

   小倉は、ドラマの前回までの筋を振り返る。山下が付き合っていた相武と別れ、北川の所へ花を持っていくと、そこにコーチ役の伊藤英明がアメリカから帰国し「いきなり来てる」のだそうだ。「いきなり来させちゃまずいでしょ。常識的に」。身振りを交え、なかなか強い口調だ。大森は笑いながら「申し訳ございません」と答えていた。

   しかも小倉は、次回予告のタイトルが「別れ」とあったとして、大森に「別れるの?」と質問。森本さやかアナが「ダメですよ」と止めに入る。小倉は、相武には五輪同行などを通して親近感を持っていたが、ドラマの役どころを見ていると北川の方に「心が動いていく。役なのに」と話していた。「ごめんなさい。紗季ちゃん」と謝ってもいた。

   小倉一流の番宣協力なのだろうが、あまりの「文句」の迫力にこの欄でもつい取り上げてしまった。

文   赤坂和郎
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中