シエナ・ミラーがイカす フィギュア化不能のセクシーさ(G.I.ジョー)

印刷
(C)2009 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(C)2009 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

   <G.I.ジョー>世界の平和を守るため、機密部隊G.I.ジョーが悪の組織に立ち向かう!

   ……とまぁじつにありふれた内容の映画である。近頃のアニメや戦隊モノの方がよっぽどストーリーに凝ってるぞ! と言いたくもなるが、この手の映画はストーリーがあって無いようなもの。そもそもフィギュアが元ネタなら尚更のことだ。

   近頃のヒーロー映画といえば、リアリティを重視した、シリアス路線が主なスタイルとなっている。だがこの映画は、良い意味で何一つリアリティがない。ああだこうだと言われる前に「リアリティなんてそんなもん、端っから持たせる気は無い!」と言わんばかりに、ストーリー、キャラクター、物語の背景についての詳しい描写はカット。だがそれが逆にいい。単純化されて字幕見なくても平気なくらいだし、それに却って深く描かれない方が気にもならないってもんだ。考え事はせずに、観客には童心に返ってワクワクしながら楽しんで貰いたいだけなのだろう。

   だからといっておもしろいかと言うと、それはまた別の話になるのである。なぜならアクションにせよ、特殊効果にせよ、すべてのシーンに『良いか悪いか』の判断を仕兼ねる微妙さが漂っているから。カッコイイのかワルイのか。斬新なのか古いのか。その展開はアリなのかナシなのか……。

   例えば特殊のパワースーツを着てバロネス(悪)たちを追いかけるG.I.ジョー。高性能でハイテクなスーツなのに、見た目はただのロボコップ。それから空中で回転しながら華麗に攻撃を避けてみせるG.I.ジョー。だがその映像は『トランスフォーマー』で拝見済み。挙げればキリが無い。北極の海中に建てた悪の組織。もちろんCGだが、その映像は映画というよりゲームのワンシーンのよう。わざと手を抜いたかのような(?)微妙映像が満載だ。

   そんな中でもイカしてるのが、悪女バロネスに扮するシエナ・ミラー。普段は眩いパツキン美女だが、黒髪にピチピチのボディスーツを着た彼女はとてもクールでセクシー。アクション女優としてもやっていけることを証明してみせた。ちなみにバロネスがフィギュア化された際、彼女はその出来に満足しなかったらしいが、それは無理もない。フィギュアでは彼女のバロネスの魅力は表現しきれない。

   この映画で1番驚かされるのが展開の早さ。でもまぁ内容的にはどうでもいいので、早く過ぎる分には何の問題もないわけだが。ただ完全に続編作る気満々のようなので、次回作ではもう少しいろんなものを丁寧に描いて頂きたい。<テレビウォッチ>

巴麻衣

   オススメ度:☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中