感動の新西部劇 ラッセル・クロウが魅せる(3時10分、決断のとき)

印刷
(C)2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.
(C)2007 Yuma, Inc. All Rights Reserved.

   <3時10分、決断のとき>2年前にアメリカで公開され、地味ながらオスカーにも絡んだ西部劇がようやく日本でもお目見えした。ラッセル・クロウとクリスチャン・ベールという、日本でも知名度がある俳優同士の共演作ながら、近年あまり製作されなくなった西部劇というジャンルの為か、公開まで随分と時間がかかったものだ。その公開規模はさびしいものの、DVDスルーで終わらなかったのは何よりの救いである。

   物語は実にシンプル。強盗団のボスを3時10分発の列車に乗せ、刑務所があるユマまで送り届けること(原題は3:10 to Yuma)。その護送を、貧しい牧場主が金のために買って出る。

   貧しい牧場主のダンに扮するのはクリスチャン・ベール。強盗団のボスであるベンにはラッセル・クロウ。西部劇だというのに主演の2人は共にアメリカ人ではないが、何の違和感も感じさせない。とくにラッセル・クロウはカリスマ性を備えたアウトローを余裕たっぷりに演じている。

   キャラクターとしてもベンという男は魅力的だ。聖書に対して嫌悪感を抱きながらも、愛用の銃には十字架を刻んでおり、時には聖書の1句を引用したりもする。なにより会話術に長けていて、頭が良い。仲間さえ何の躊躇もなく殺す冷酷非道な悪党だが、どこか洗練された男でもある。

   対するダンは良心的で強い意思の持ち主だ。ベンに道徳心を揺るがされても、自分の意志を曲げずに信念を貫く。また1人の父として、命を懸けてでもやり通さねばならない事があると息子に教えていく。一見頼りなさそうだが、ダンはきっとどんな人物よりも男気があるだろう。ベンに比べたら地味なキャラではあるが、クリスチャン・ベールが器用に演じてみせる(だがまたしても彼は引き立て役を請け負うのだった……)。

   生き方も考え方も正反対で、2人は決して相容れない。しかし道中では次第に友情ともいえる、奇妙な関係が生まれていく。2人が互いに共鳴し合っていく過程はとても自然に描かれ、その関係がラストで大きな感動を呼ぶ。この映画の筋書きはシンプルながらも、そういった男同士の物語であり、また誇り高き1人の男の生き様を描いた物語でもある。

   絶望的な状況の中でダンが下した決断が、ベンに思いも寄らぬ決断をさせる。タイトル通り3時10分という時刻は、まさに男たちを左右する『決断のとき』なのである。<テレビウォッチ>

巴麻衣

   オススメ度:☆☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中