酒井法子の保釈請求 「子どもに会いたい。でも…」

印刷

   <テレビウォッチ>覚せい剤取締法違反(所持、使用)容疑で起訴された酒井法子の弁護士が保釈を請求した。これが伝えられたのは、今日(9月14日)の番組最後のニュースの中だったから、番組冒頭でとりあげられたときは、まだ中途半端。

微妙なとこ

   酒井はこのところ、「早く息子に会いたい。でも騒ぎが収まらないと無理かな」といっているという。また覚せい剤については、「こんなことは2度と嫌だ」と後悔しているという。

   すでに起訴されており、酒井をこれ以上取り調べる必要があるのかどうか。覚せい剤の入手先などの情報を、警察がどこまで追うのか。このあたりだろう。では、保釈の条件は?

   弁護士によると、保証金は初犯の場合150-300万円。身元引受人の住所に住まないといけないから、自宅には帰れない。また、夫の高相祐一が保釈になっても、接触禁止になるという。

   加藤浩次は「本人は反省しているというが、保釈になるのか」

   勝谷誠彦は、「微妙なところでしょう」

   テリー伊藤は、「マスコミが追いかけるでしょう。いっそ会見するといいと思う。謝罪文じゃなくて声明文でいい。それで執行猶予の可能性も出てくる」

   勝谷は、「一般の目から見ると尻切れとんぼ。助けた人たちがどうなのかも分からないし」

   加藤「明らかになっていないことが多いと……」

   それは、警察が発表しないだけだろう。全部わかっているはずだ。現に、この日までにわかったこととして、携帯電話の話が出た。

   酒井は姿を隠した日に、自分の携帯が壊れたので、チップを息子の携帯に入れて使い、次いで一緒にいた継母の携帯にチップを入れて使ったという。身延での電波はこのためだったと。こんなことをいまごろ、「新たにわかりました」というのだからあきれる。

   テリーが。「酒井も高相も、反省していることを世間に示すこと」といったが、保釈後の大騒動のなかで、それをどう伝えるかがが肝心なところだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中