草なぎ剛に「縄文時代男」計画 そんな!例の事件を…

印刷

「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日) 2009年9月10日 19時~

   SMAPの草なぎ剛が戦国時代に生きた武士の生活を再現する「24時間戦国時代生活」に挑戦。当然のことながら電気・ガス・水道はない。ご飯を炊こうと火おこしするも悪戦苦闘、ようやく火がおきたのは1時間10分後だった。竈で玄米を炊くのも初めてのことでうまくいかず、底は焦げつき炊き上がった玄米も固そう。1汁1菜の食事を終えた後は馬で川までうなぎ獲り。1週間前に仕掛けていたというワナにはうなぎが2匹かかっていた。これを蒲焼にして食べたいという草なぎだが、戦国時代に蒲焼はなかったから塩焼に、とスタッフに駄目出しされ、しぶしぶぶつ切りにして串に刺して塩焼に。これがかなり美味だったようで大喜びの草なぎ。食事の後は風呂。「20年以芸能生活やってるけど、ふんどし1枚になったの初めて。俺SMAPだよ」とぼやきながらもたらい風呂に浸かる草なぎ。布団はなくかいまきで就寝。熟睡するも早朝、法螺貝の音で起こされ、15キロもある甲冑を身につけていざ出陣、とまあこんな感じだった。
   草なぎがこんなことをしたのは主演映画「BALLAD 名もなき恋のうた」のPRだが、下手にトーク番組に出るより体を張ったぶん面白かった。番組の最後に「戦国時代でこんなに大変だったら縄文時代はもっと大変だろうな」という感想を漏らしたら、次回、縄文時代編こころして待て! と予告が出ていたが、裸に布きれ巻いて24時間なんて例の事件を彷彿させる企画が本当に実行されるのか!?

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中