「酒井法子の涙が楽しみなの?」 釈放なのに出てこない訳

印刷

   <テレビウォッチ>酒井法子はどうしたのか。おととい(9月14日)保釈が認められながら、きのうも保証金を払わず、湾岸署に留め置きのまま。一部報道では、保釈金を半分払った……なんて妙な話まで出た。

何もめてる?

   保証金の他の条件は、身元引受人だが、だれなのかが分からない。かつての所属事務所サンミュージックも、一時助けていた建設会社「社長」も否定している。しかし、保釈申請の段階で引受人と居住する場所は明記されているはずだ。

   ひとつは、今日の鳩山内閣の組閣に合わせて、注目度をさげようとしているという見方がある。人によっては、「私が弁護人ならそうする」なんていっていた。

   しかし、これはあくまで紙面上の扱い、あるいは放送時間の長短の問題であって、取材する人間も別なのだから、酒井が追い回される状況は変わらない。まあ、そんなものは猿知恵といっていいだろう。

   加藤浩次が、「保証金500万円のうち250万円を払ったなんて、払える額を決めてから許可されたものでしょうに」

   テリー伊藤も「半分しかないなんてありえない」

   加藤「何もめてんでしょうね」

   テリー「本人の意思じゃないですか。引受人だって継母とか限られるから、報道陣が待ち受けているところへ出ていくのをためらっている」

   おおたわ史絵は、「彼女が『すみませんでした』と涙を流すのを楽しみに待っているのかもしれないが、見てる側を納得させるために会見するのはナンセンス」という。

   しかしテリーは、「湾岸署を出て、車がレインボーブリッジを渡る映像を待ってるわけだけど、お台場のホテルなんかで会見という手もある」

   ロバート・キャンベルも、「反省をひと言いっておかないといけない」

   きょうも湾岸署の前は、朝から報道陣でごった返していた。阿部祐二がまた、それを伝える。彼らには組閣のニュースなんてどうでもいいのだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中