2018年 7月 20日 (金)

陰陽師・石田千尋 東国原知事に「うすっぺらな輩」

印刷

   <テレビウォッチ> 陰陽師の石田千尋が、2009年9月17日付けのブログで、東国原宮崎県知事の09年衆院選後の言動について痛烈に批判している。

   東国原知事がある番組に出演した際に、選挙に自分が出ていたら「こんなに負けてなかった」と発言したことをピックアップ。

   これにすぐさま、「お前が出てたら、もっとひどい事になってた」とした北野武の反論を「きれは痛快、はなはだ満足のいく正論」と大絶賛。また、石田自身も以前に、東国原知事に関わった党は「大変な目にあって、選挙に大敗する」と述べていたことを挙げ、

「やはり、うすっぺらな輩でありましたか・・・・」

と酷評。さらに、「一生懸命に政を行わんとする方々は、かかわってはいけない輩と肝に銘ずべき」と締めくくるなど最後まで手厳しかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中