「彼氏5年いない」 若槻千夏が直したい「クセ」

印刷

   <テレビウォッチ>「欲しいものは何でも手に入るまで探し続けます」。だが、「男性だけは諦めが早い」。タレントの若槻千夏がその落差について自問自答している。

   「ある番組」で「一瞬」だけ映った「シャンデリア」。「なんですかアレは!」と驚いた若槻は「シャンデリア」を制作したデザイナーを捜し当て、みごと入手した。そのとき友人に「あんな一瞬の出来事で、探せたお前が恐ろしい」と言われた。だが、こと「男性」になると「すぐ諦めてしまう」のだ。

   魅力的だと思うと、必ず「相手がいる」。そんな人に好意を寄せてしまう。が、「根が悪い事できない人間」なので、「色々考えた結果やめてしまう」。これが「最大の理由」だと自己分析している。で、「5年も相手がいない」。「なんで彼氏いないの?」と「腐るほど聞かれ、腐るほど答えてきた」若槻が2009年9月21日の記事で行き着いた結論はこうだ。

「神様、仕事とか他の事全部頑張るんで、恋愛は頑張らなくていい相手をお願いします」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中