宇多田ヒカル 張り込みに気づき「帰ってもいいっすよ」

印刷

   <テレビウォッチ>歌手の宇多田ヒカルが、2009年9月22日のブログでマスコミに「張られている」ことに気づき、面白がっている。

   「もうかれこれ15年!の付き合いになる親友」と「優雅にランチしてきたぜ!」。帰宅すると、自宅の外に「黒の小さなワンボックスカー」が駐車してあり、「マスコミの男三人組」が「カメラ構えて玄関狙ってる」ことに気づいたそうだ。8歳年上の画家との熱愛が報じられたばかりで、バレバレの張り込み。「散歩でもしようかと思ったけどやめとこ」と決め、「お三方もこれ見てたら、今日は帰ってもいいっすよ!もう出かけないし」と張り込み班にメッセージ。

   だが、ここで「この状況を利用」し「なにか面白いことができるのでは…」として思いついたのが「くまちゃん着ぐるみ」を着て玄関から「堂々と登場!」すること。「な…なんだって…」「とにかく撮るんだ!」と慌てふためく「男三人組」の姿を想像し面白がっている様子だ。だが着ぐるみは「倉庫に保管してある」。この構想は断念、「なんてこった…!」と少し後悔するこの日の宇多田だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中