ガードレールが車に刺さった! 2人死亡事故のナゾ

印刷

   <テレビウォッチ>シルバーウィーク最終日の昨日(9月23日)、岡山県吉備中央町の国道で、ミニバンがガードレールに激突。車内にいた小学生2人が死亡した。

   よくある交通事故のようだが、映像はホラー映画級にショッキングなものだった。ガードレールが車内を貫通し、串刺しのような状態。車体後部から突きだしたレールは、飛び散った血らしき痕が点々と染み付いている。

   それにしても、なぜこんな事故が起きたのか――と、専門家の日本交通事故鑑識研究所、大慈彌拓也・代表取締役に映像を見てもらったところ、「ガードレールがどういう状態だったのか、疑問だ」とのこと。

   通常、ガードレールの末端部分はカール状に処理されていて、「(車が)ぶつかっても、刺さることはない」。ところが、現場の映像ではそうした処理の形跡がなく、ガードレールは「鋭利な状態」だったと見られる。それが不幸で不運な事故の一因ではないか。なお、「(カール部分のパーツが)事故の影響で飛んだり、破損するケースも考えにくい」のだそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中