2018年 7月 24日 (火)

番組コラボカーディガン 「三船美佳版」の売れ行き

印刷

   <テレビウォッチ>藤田大介が、「商品開発第5弾わぁ」と叫ぶ。今日(9月24日)は何か、と思ったが、その前に先の「第4弾、ユニクロのロングカーディガン」の始末の報告だ。

ホー

   21万5000着を作って、すでに半分を売ったという。とくに三船美佳バージョンはほぼ完売で、「わずかに日テレのオンラインショップに若干ある」と。まああれだけ騒いだのだから、そんなものか。

   さらに藤田。「26(土)、27(日)両日、ユニクロ全店舗で1000円引きをやります」(パチパチ)

   加藤浩次「時間は関係なく? 2990円」

   藤田「はい。これにて第4弾は終了です」

   はあー、値引きなしで買った人は怒るぜ。

   で、第5弾が、ソニー・コンピュータ・エンタテインメントの「プレイステーション・ポータブル(PSP)」専用ゲームソフト「みんなのスッキリ」、10 月1日発売だという。番組とは関係なしに「スッキリ」の名前。

   みんな「え?」

   藤田は「運命的。もうコラボするしかない」と出かけていったVTR。

   例によって担当者にアイデアをぶつけるのだが、これが電車の絵を見て、「何型か」を当てるという、藤田オタクそのもの。あっさり断られたところへ、ジーンズ姿のナゾの外国人登場。

   これがショーン・レーデン社長で、「スッキリ見てます。商品開発も見ました」と臭いお芝居。「せっかくですから、何かやりましょう。(藤田の)電車ゲーム以外のもので」となった。

   このソフトは、12のゲームがあって、「ホームラン」「やさい切り」「お掃除」「パイ投げ」とか、とにかくスッキリするというもの。そのひとつをアレンジして、ネット配信で流しましょうという。12のうちからどれかひとつ選んでほしいと。

   加藤とテリー伊藤が、「ホー」と目を丸くする。

   藤田がもちこんだPSPで、ゲーム好きの加藤が早速そのひとつをやってみる。サッカーボールを蹴って、窓やドアをぶっ壊すゲーム。確かにスッキリする。

   「これは面白い」と加藤。

   葉山エレーヌ、テリー伊藤、冨田リカ、本村健太郎も一斉に始めた。だれももう藤田のしゃべりを聞いてない。「番組が終わってから楽しんでください」

   コーナーが終わって、「天の声」になったが、「まだゲームをやっている人いるでしょう」「ボク以外は全員がやってます」という状態。本村なんぞはエンディングまで続けていたが、どんなことになるのか。どうせ、ぶっ壊すとかぶん殴るとかに決まっているだろうが……。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中