イチローの白髪と求道 ONと重なって見えた部分

印刷

   <テレビウォッチ>NHK「スポーツ大陸」イチロー編とNスペ「ONの時代」。

   史上初となる9年連続200本安打を達成したイチロー。いかに自分との闘いが大変かを語っていた。チームメイトとの調和の問題などさまざま大切なことはあるのだが、1番大事なのは、自分をどう整えるかだと。求道者であり、とても孤独な姿に見えた。

   ONの方は、天才肌の長嶋に努力型の王と言われているが、実は2人ともものすごい努力をしているのだということが分かった。天才肌云々はつくられたイメージであり、実像と合ってないと本人たちの話から浮き彫りになった。

   つくられた自分のイメージを壊さないよう、ファンの夢を壊さないよう、長嶋は人目を避けて努力していた。山中での走り込みや旅館の中での素振りなどだ。

   3人とも、孤独に努力を重ねていく人だった。誰にも言えない闘いが続いた、という王の言葉がぴったりだろう。

   それにしても、長嶋が話しているところを見ると痛々しかった。ここまでリハビリして動けるのはすごいことなのだろうが、言葉はやはり不自由だ。もうゆっくりさせて上げてもいいのではないだろうか。本人は、表に出ることに抵抗がないのかもしれないが、引き際は考えた方がいいのではないだろうか。それはソフトバンク球団会長を務める王も同じだろう。なかなか難しい問題ではあるが。そういえばイチローも白髪が増えていた。イチローも引き際を意識するときが近付きつつあるだろう。

      ONは過去 イチローは未来形

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中