「私の人生のネックは父親でした」 青田典子の心の内

印刷

   <テレビウォッチ>タレントの青田典子が自己啓発セミナーに参加した。2009年9月26日のブログで、その内容を書いている。

   青田は25日から本名の「もりた」で講座に参加。「自分の内面の本来ある姿を見つめてこれからの人生にいかしていく講座」とのことで、グループになって「セッション」をしていくのだという。

   2日目の26日では、「私の人生の一番のネックはやはり父親でした」ということがわかったといい、父親に手紙を書いた。

「お父さん、ごめんね。何度トライしても素直になれないんだ」

   父親は「真面目中の真面目」で、「酒もタバコも女遊びもしない」。そんな健全な父親に対して怒りを持っている自分が「情けなく思う」と心の内を明かしている。また、父親の方は既に青田に対して「扉を開いている」といい、青田自身もそれを知っているが、「典子から扉を開くことはとっても怖いんだ。何かとっても大きなものを失うような気がして」。

   しかし、最近鏡を見ると自分が父親に似てきたと感じる。昔は少しでも似ていると感じると「嫌悪感が走った」が、「今は愛おしいと思えていることに成長出来てる自分を見てるよ」とのことだ。

   そして、「本当は愛されたかった」と父親に言葉で伝えられることが「きっと私の夜明けなような気がする」といい、

「お父さん、長生きしてね。典子」

と結んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中