涙こらえる滝クリ そして最後は…

印刷

   <テレビウォッチ>ニュースJAPAN」(フジテレビ系)の滝川クリステル(31)が同番組キャスターを「卒業」した。7年間担当した番組を長妻昭・厚労相への単独インタビューなどで締めくくった。2009年9月25日深夜の放送で、最後に自身が報告した。

   滝クリは、震えるような鼻声で話し始めた。視聴者やスタッフらに感謝の言葉を伝え、番組について「毎日温かく迎えてくれる家のような存在」だったと振り返った。さらに、今後は番組で学んだことを大切にし「歩みを進めたいと思います」と語った。

   後任の秋元優里アナ(25)からの花束贈呈もあった。最後まで涙が頬を伝うことはなかったが、声は終始、涙をこらえるかのように震えていた。「卒業報告」は、あの「斜め45度」ではなく、正面からだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中