小泉ジュニアが3点要求! 自民新総裁へひと言

印刷

   <テレビウォッチ> トップは自民党総裁選関連情報で、見出しが「小泉進次郎議員が見た総裁選」。並みの新人とは違って人気抜群の元首相ジュニアは注目度も高い。

どうですか?

   議員投票が行われた会場では、しばしば女性陣から一緒に被写体になることを求められ、笑顔で応じる。一方では、先輩議員らしき人物にきちんと挨拶することも忘れない。着々と好感度を増している感じだ。

   見出しからすれば、そんな彼に単独インタビューか生出演で、じっくり話を聞くのかと思ったら違った。支持していた河野太郎候補が敗れたことについて、ぶら下がり会見で「残念です」と述べた場面を流しただけ。番組は、谷垣禎一新総裁の人物紹介、自民党再生の条件を、伊藤惇夫(政治アナリスト)、角谷浩一(政治ジャーナリスト)には取材で、田﨑史郎(時事通信解説委員長)にはスタジオで、それぞれ説明させる方向に行く。

   ようやく最後に、進次郎議員が「新総裁に求めるもの」をフリップで見せた。

   「党を変える勇気。解党的な出直しをする覚悟。これでダメなら終わりだという危機感」

   小倉智昭に「この3つ、どうですか?」と問いかけられた田﨑は「いい政治センスをしている」と答えた。センスのほどは不明だが、親父ゆずりの語り口は明瞭で声もよく、整ったマスクで眼力も強い。プリンスの将来は明るいような気がする。

   番組的には、河野候補を応援した真意、政界を『卒業』した親父の近況を聞きだしてほしいところだった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中