2018年 7月 22日 (日)

デパート「PB安値戦略」 「ワクワク感」消え自己否定?

印刷

   <テレビウォッチ>デパートが、とうとう低価格商品に踏み込んだ。秋物ファッションで従来の値段からは4割5割安い、デパ地下では100円商品コーナーまで現れたという。いったいどうなっているのかを、中山美香がレポートした。

安ければ

   1992年から続く低迷の原因のひとつが、デパートは高い、というイメージにあることはたしか。これまでの安売りの中心は、ユニクロなどファスト・ファッション業界が中心だった。

   デパート戦略のキーワードが、「PB(プライベート・ブランド)」だ。もともとはスーパーのお家芸だったのをとりこんで、中間マージンを減らし、従来の秋物の平均価格2万6000円を1万2000円レベルに下げた。しかしデパートとしての品質やサービスは保つと。

   東京大丸では、松坂屋と共同開発のPB「プチオンフレール」を立ち上げ、人気のメタルゴールドバッグ2000円、ニットアンサンブル9000円、ワンピース5000円という具合。ほとんどが1万円以下だ。客も「デパートは高いものだと思っていたが……」と驚く。

   高島屋は人気ブランド「ICB」とのコラボレーション。客の声を取り入れ、ジャケットに内ポケットをつけたり、自宅で手洗いでき、アイロン不要の素材とか。値段も3万2000円台が1万7000円台に。

   西武池袋店は、有名デザイナーATSURO TAYAMAの「リミテッドエディション」をデビューさせ、キルティング・ジャケット8190円、ニット7140円、パンツ8400円などなど。  企画・製造をアパレルメーカーと一緒にやることで、「通常のデパート価格の4割5割安にできた」

   その西武の地下食品売り場には、100円菓子コーナーやカップ麺98円などが並ぶ。「コンビニと同じ商品で、700品目置いている。地下に来たお客様に上にも行って頂く戦略」と担当者。

   加藤浩次は、「メリット、デメリットあるんでしょうね」

   ワタミ代表の渡邉美樹は否定的だ。「百貨店のPBは値段を下げてはいけない。そういう内装であり立地でありサービスがある。そこで値段を下げると自らの首を絞めることになる」「生き残るには商品力を高めないと。商品力というのは、使いやすさではなくて、そこで買うことのワクワク感だったり、思い出だったり。9兆円の市場が7兆円に縮んだなかで戦略をたてないといけないのに、スーパーのやり方をとった。これは失敗する」

   葉山エレーヌは、「いままでスカートしか買わなかったのが、安ければ上も買っちゃおうとか」と、安ければいい派。

   テリーは、「いま安いかもしれないが、これに慣れると、もっと安いものをとなる」

   うーん、新たないたちごっこの始まりか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中