古風で控えめそうな小雪 実はがんがん「自分色」派

印刷

「私の10のルール」(TBS) 2009年9月23日 0時29分~

   ある人物に密着し、日常の中で自分に課している10のルールをみつけるというもの。この日は映画「カムイ外伝」やウィスキーのCMが話題の女優、小雪を密着していた。バラエティ番組などに出演することがめったにない彼女。その人となりを知るには映画完成時の舞台挨拶やインタビュー、ドラマの番宣などに限られる。そんな少ない情報とCMなどから受けるイメージは古風で控えめな癒し系の女性だったのだが、実はその反対で、行動力があり、芯のしっかりした強い女性だというのは意外だった。雑誌のグラビア撮影が終わるとすぐに洗顔しすっぴんになる小雪。ルール1は「仕事が終わったらすぐメイクを落とす」だった。好きなものは自分が欲しているものだからと我慢せず、「食べたいものを食べたいときに食べる」そうで、ちなみに昨日は夜中に餃子が食べたくなって食べました、と笑っていた。ほかにも「犬に服を着せない」「靴はぺったんこ」「モノを減らしていく」という小雪独自のルールが明らかにされる。ひとつ気になったのは長期ロケでホテルに泊まる時はホテルの備品を全部撤去してもらって、家具の位置もがんがん変えて、カーテンなど「なんでも自分色にかえる」のだという。自分を持っているというのは立派だが、ホテルの人にしてみれば大迷惑かも。
   ところで、この番組、今回が最終回。TBSにしては珍しくセンスのいい番組なのにもったいない。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中