おちまさと「東京五輪」反対? 「バカボンのパパの心境」

印刷

   2016年夏季オリンピック開催地が2009年10月2日に発表される。プロデューサーのおちまさとは、最終候補に残っている東京の「オリンピック誘致に対して」ブログでもの申している。

   「正直、複雑な思い」だという。おちが生まれた1965年は東京オリンピックの翌年。「生で東京オリンピックを観てみたい気持ち」はやまやまとのこと。だが時代は「未曾有の不景気」。期待と同時に「東京都民と日本国民の血税を、ここに使うか」という憤りも感じているようだ。

   だから09年9月29日の記事で今の胸中を、「賛成の反対なのだ」という「バカボンのパパの心境」と表現。東京に決定すれば素直に「めちゃめちゃ応援する」。反面、「これだけの血税を使って」他の国に決定したら「徹底的に叩きます(笑)」と手厳しかった。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中