2018年 7月 21日 (土)

矢口真里の番組最終回 それでもノリノリの訳

印刷

   タレントの矢口真里が2009年9月30日のブログで、29日深夜に最終回が放送されたバラエティー番組「やぐちひとり(C)」(テレビ朝日系)を振り返っている。

   カラオケ店で、共演者の劇団ひとりとスタッフとで最終回を観ていたという矢口。「グダグダのひどい」ギター演奏で番組はフィナーレを迎えたといい「すいませんでした」と詫びている。ただ5年間の放送で「本当に家族みたいな」「笑いの絶えない現場」だったとし、「この番組を愛してくれた皆さん本当にありがとうございました!!」と感謝。

   長く続いていた番組がひとつ終わってしまった矢口。だが矢継ぎ早に「新番組が始まることになりましたぁ」と報告する。テレビ局は「東京MXテレビ」、番組名は「How to モンキー ベイビー!」とのことだが、なんと共演者は再び「劇団ひとり」。さらに「スタッフさんも一緒」ということで「また一緒ですか、分っかりましたぁ。一同力を合わせて頑張ります!!」と意気込む矢口であった。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中