2018年 7月 21日 (土)

はるな愛の顔にパイ投げ 「新ゲーム」でアノ人にも

印刷

   <テレビウォッチ>すっかりビジネスづいた「スッキリ」のコラボ商品開発、第5弾にきまったソニー「プレーステーション・ポータブル(PSP)」のゲームソフト「みんなのスッキリ」は、結局「パイ投げ」に決まった。

似てる

   「みんなのソフト」は本日10月1日発売。「ホームラン」「やさい切り」「お掃除」など12種類のゲームがはいっていて、どれもスッキリするというのが名前の由来。この番組とは関係がなかったのだが、「スッキリ」の方がこれに食いついたのだった。

   ゲームはすでにできているため、これのバリエーションを作ってネット配信するというアイデアだ。で、どのゲームにするか、先週持ち込んで出演者がゲームをやってみた結果、「パイ投げ」となった。

   3つのまどに現れる6つの顔をめがけてパイを投げるのだが、その顔を「スッキリ」の木曜日の出演者に置き換える――加藤浩次、テリー伊藤、葉山エレーヌ、本村健太郎、はるな愛、冨田リカのキャラが出てくるというアレンジだ。

   ソニー・コンピュータ・エンタテインメントの作業現場へいった担当の藤田大介が、冨田のかわりに自分の顔を入れようと試みて、デザイナーが彼のスケッチをすると、これが傑作。きりっとしたイケメンになったのだったが……。

   できあがったキャラのできはなかなか。とくに個性の引き出しが難しい加藤なんかは、口元のあたりで見事に加藤を表現。本人も「似てると思います」。テリーは怒っている顔になってる。本村は「いい雰囲気」。はるなは「もうちょっと顔を小ちゃくしてもらいたい」。で、問題の藤田は結局却下。本来の6人で、ゲームができることになった。

   電車、学校などだった3つの窓もスタジオの風景に置き換えられる予定で、目下作業中だという。これらはPSP本体をもっていれば、ゲームが完成し次第、ダウロードできるのだそうだ。

   で、そのPSPは今回値下げになり、「みんなのスッキリ」も出るというので、当然のように本日のプレゼントにはいった。かくて「スッキリ」の商業路線はますますスッキリしたのだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中