2018年 7月 16日 (月)

鳩山夫妻「もっと早く…」 五輪招致と出遅れ問題

印刷

   <テレビウォッチ> 2016年夏季オリンピックの開催地が明日(10月3日)未明、コペンハーゲンで行われるIOC総会で決まる。国内では次第に悲観論が勢いを増すなか、昨日、鳩山首相夫妻が候補地東京の「最後のお願い」をしに現地に向かった。

   「もっと早く行ってればなあ。せめて幸夫人だけでも、と思いましたよ」。オリンピック招致委員のみのもんたは嘆く。

せめて

   与良正男・毎日新聞論説委員も「できれば、あと半日早く行ったほうがよかった」。現地からのニュースには、先乗りしたミシェル・オバマ大統領夫人ばかり出ている状況だそうで、ハト夫妻は機先を制され、出遅れてしまった格好なのだ。

   残された道は、与良によれば環境面やパラリンピック重視といった「新しいオリンピック」にする決意を、鳩山スタイルで淡々と愚直に真面目に訴えることだ。「そのほうが逆に目立つかもしれない」と、逆説的なシメ方で招致の望みを託していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中