「覚せい剤」逮捕後に引退表明 芸能界と薬物

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>俳優の加勢大周が2008年10月4日夜、覚せい剤と大麻の所持容疑で現行犯逮捕された。

   「『覚せい剤』逮捕の加勢大周 逮捕『5時間前』の様子とは」(スパモニ、08年10月6日)が取り上げた。

   スパモニ通信簿は、番組のレポーターが、逮捕の約5時間前にたまたま加勢とレストランで出会ったという話などを紹介した。宮川俊二は「初犯だと執行猶予になって、また何年かたつと受け入れる。受け入れ側も甘い」と指摘していた。

   加勢(芸名)被告は、08年12月の初公判で芸能界を引退する意向を表明した。同月にあった判決公判では、懲役2年6か月、執行猶予3年の判決が言い渡された。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中