「しんちゃん」アニメ放送続く 原作者死亡受け方針

印刷

<テレビウォッチ>原作者の臼井儀人さん(享年51)が死去したアニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)の放送は、今後も続くことになった。原作と「原作を元に一緒に作り上げてきたアニメ作品の世界観」を継承するという。臼井さんは2009年9月20日、群馬・長野県境の山中から遺体で発見、身元確認された。次回のアニメ放送は10月16日。テレビ朝日が10月2日、公表した。映画も来10年春の公開を目指し準備している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中