オノ・ヨーコの歌披露 ひれ伏さないといけないの?

印刷

「僕らの音楽」(フジテレビ) 2009年9月25日 23時30分~

   オノ・ヨーコについてはジョン・レノンの妻、ショーン・レノンの母、ということ以外ほとんど知らないが、そのオノ・ヨーコが歌番組に出演し、歌を披露するというのでさてどんなものだろうと見てみたのだが、これがもうなんというか……。一瞬、接待カラオケかと思った。1曲終わるごとに「お上手ですね~」と拍手して喜ばせなきゃならなのか、と。「ドラえもん」でジャイアンがミカン箱の上にのび太たちに無理矢理、聞かせている感じ、というか。なんとも微妙なのだが、ご本人は自信たっぷりに陶酔しきって歌っているから、あるいはこちらの耳が悪いのかもしれない。胸の谷間を必要以上に強調するファッションと相俟って、正直言ってさっぱりわからない音楽だった。36年ぶりにバンド活動を再開し、9月にニューアルバムをリリースしたヨーコ・オノ・プラスティック・オノ・バンド。バンドメンバーは細野晴臣、ショーン・レノン、小山田圭吾など、豪華で貴重なメンバーらしいが、オノ・ヨーコがあまりにも強烈過ぎて何がなんだか。
   もうひとつ驚いたのはインタビュアとしてあの篠原ともえが出演していたこと。中村獅童との破局報道を最後に表舞台から消えたようなイメージがあったが、久々にテレビで見た篠原は、「LOVE LOVEあいしてる」ではしゃいでいた頃の面影はなくすっかり大人の女性になっていたことにびっくり。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中