眞鍋かをりが「力説」する チュニジア料理「ブリック」とは

印刷

   タレントの眞鍋かをりが2009年10月6日のブログで、チュニジア料理を食べてきたと報告している。眞鍋は「チュニジア」と聞いて、「いまいちピンとこなかった」らしい。だが料理は「ハーブを多用しつつシンプルであっさり」した「日本人の舌にも合う味」だったという。

   中でも「激うま!!」と綴るのが「ブリック」という料理。それは「春巻きの皮」のようなパリパリとした生地に「半熟卵とチーズ、ツナ」を包んで揚げたもので「ぜったい屋台だしたほうがいいよ!」と眞鍋が「力説」するほどの味だったのだとか。最後は中東の水タバコ「シーシャー」で、ローズのアロマフレーバーを楽しみ「日本にいることを忘れて」しまうひと時を過ごしたそうだ。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中