2020年 10月 30日 (金)

ナメクジ文明の繁栄 手塚「火の鳥」を読み解く

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)手塚プロダクション

   漫画家・手塚治虫が描いた作品世界を月ごとに異なるテーマで紹介していく番組「週刊 手塚治虫」。2009年10月のテーマは、「生と死 そして永遠」。今回は、「ポーの一族」などで知られる漫画家の萩尾望都をゲストに迎える。

   手塚作品と出合って漫画家を志したという萩尾が注目するのは、「火の鳥」の「未来編」。戦争で人類が滅亡した後、ナメクジが文明を築くも、同じく戦争で自らを滅ぼしてしまうというストーリーの漫画だ。

   番組では、手塚のライフワークとも言える「火の鳥」が問いかける「生命の愚かさ」を萩尾の視点で読み解いていく。

週刊 手塚治虫

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中