最も弱腰大臣は誰だ 「予算削減」の目標未到達

印刷

<テレビウォッチ>農水省4763億円、国交省8875億円、厚労省4359億円……と、それぞれの省がカットした合計額は現在のところ約2.5兆円。3兆円に置いた補正予算の削減目標には、まだ届いていない。

   みのもんたが「届かないたって、しようがないですよね」とコメンテーターに振る。

官僚のチエで

   川戸惠子(日本選挙学会理事)は「しようがなくはないですよ。もっと切り込んでもらわないと。優先的にムダなく使ってほしい」と返す。

   与良正男(毎日新聞論説委員)は「もっと積み上がると思う。出し渋っているところがある」とした上で、やはり優先順位が必要だと言う。「何か事業をするときには、得する人と損する人が出る。損する人のことを考えれば何もできなくなってしまう。それを決断するのが政治家であり、政治主導だ」。そして、「損する人たちから批判されても、大臣が『僕が責任をとるから(削減を)出してこい』と(官僚に)言うのが政治主導だ。そこまでまだ行っていない……弱々しい大臣が相当多い感じがする。国民も覚悟をしている。すべていいように回ってこないとは分かっている」と、大臣たちに覚悟を促す。

   みのが「国民の支持を得て第1党になったんだからやればいいじゃないですか。官僚のみなさんと対立しないで、官僚のみなさんのチエでもって出させたらいいじゃないですか」と便乗した。

   鳩山首相は「頑張った数字だと思うが、もう一段の工夫をしてほしい」と述べた。総理大臣と国民の双方からいい査定を受けるのは、どの大臣か。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中