SOS出さずに餓死 日本の30代に起きているコト

印刷

テレビウォッチ>命の瀬戸際にあるのに「助けて!!」と言わない孤立する30代男性が増えているという。

   なかには孤独死の男性もいる。自ら孤立に追い込む若者たちの背景に何があるのか。芥川賞作家の平野啓一郎をゲストに迎え、追い詰められた若者の心の葛藤を取り上げた。

手紙に「助けて」

   今2009年4月、福岡県北九州市門司区で、39歳の男性が自室の布団の上で孤独死していた。

   地元の公立高校の部活ではラグビー部に所属し、体重も70キロあったが、亡くなった時は見る影もなく痩せていたという。

   所持金はわずか9円。部屋に食べ物はなく、餓死とみられている。

   調べていくうちに、助けを求める先も機会もあったことが分かった。が、それでも男性は声を上げなった。

   男性は専門学校を卒業後、金融機関に正社員として就職したものの、過酷な勤務で体調をこわし退社。その後、アルバイトで生計を立てていた。

   そこへさらに落とし穴が待っていた。不安定な経済状態を穴埋めするため消費者金融から150万円ほどを借金。月14万円の給料を返済にあてていたが間に合わず、多重債務の状態になった。

   その消費者金融からアルバイト先に督促の電話が入るようになる。男性は同僚に迷惑がかかるからとアルバイトも辞め、いらい仕事がなくなった。

   今年1月、男性は生まれて始めて市役所を訪れ、生活保護の相談をしている。この時に借金ゼロと申告。市の担当者から「39歳、健康体なら仕事はあるハズ」と言われそのまま帰っている。

   大阪には唯一の身内である兄が住んでいるが、相談しなかったようだ。

   亡くなる10日前、親友の母親を訪ね、ある頼みごとをした。「風をひいて何も食べていない。何か食べるものが欲しい」。その母親は、炊き込みご飯をパックに詰めて渡した。

   そして10日後帰らぬ人に。部屋には、一言「助けて」と書かれた手紙が置いてあったという。

「負け組」という言葉が…

   8月の完全失業者は361万人。有効求人倍率は過去最低で5人に2人分の仕事しかない。このうち30代の失業者は、去年の同じ月に比べ31%増の80万人に達している。

   今回の取材でスタッフが北九州市の中心部にある公園を訪ねた。ホームレスに炊き出しをしている様子を取材するためだが、これまで見かけることがなかった30代男性の姿があったという。

   そのうちの1人、去年12月に派遣先の仕事を失いこの公園で寝泊まりしている30代の男性もやはり「助けてくれとはいえないですね」と。

   この男性は、ホームレスと気付かれないように食事代を切り詰め10日に1度は洗濯しているという。

   キャスターの国谷裕子が「助けてといわず孤独死していく。なぜ声を出さずに抱え込んでしまうのか、胸が痛くなりますね」と。

   同じ30代で心に深い傷を負った主人公の生き方を描く作品が多い平野は次のように若者たちを代弁する。

   「ボクも北九州出身、年齢も近いので痛ましい。30代半ばから後半にかけては、人口が多いにもかかわらず就職口は狭く、就職できた人は少なかった。

   2000年前半ぐらいから企業で言われていた『勝ち組』『負け組』が、個人まで言われるようになり、10年経ってその矛盾が深刻になってきていた。

   決して自分のせいではないのに、テストの点数が悪いからとか、いい学校に行けなかったのは努力が足りなかったからとか……。『負け組』という言葉が自分の実感と重なってしまった。『負け組』と思われたくないという自尊心の問題は大きいと思う」

   では、解決の糸口は?? 平野は語調を強めて次のように述べた。

   「犯罪に巻き込まれたら110番するように行政の窓口を単純化して、こうした困窮の状態になったら必ずそこへ行くという窓口をつくるべきだ。それを利用することが当たり前になるような窓口を……」。

   人生これからという30代。望みを断ち切るには最もふさわしくない年代のハズだ。

モンブラン

* NHKクローズアップ現代(2009年10月7日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中