2018年 7月 18日 (水)

「すぐやる課」潰された理由 松戸では40年「元気」

印刷

   <テレビウォッチ> テレビでもよくみる千葉県松戸市の「すぐやる課」。マツモトキヨシ創業者の市長の発案で、日本ではじめて誕生したのは1969年とけっこう古い。

   「40年も続けてるって、すごいね」とコメンテイターの大谷昭宏。

すごいね

   一方では、目新しくもないとも言える「すぐやる課」をあらためて番組が特集。その意図は謎のままだったが、台風が接近した昨日(10月8日)朝も、いつもと変わらずすぐやってるのかを確かめるのがテーマだったらしい。

   蜂の巣の除去や、側溝のフタのずれ、動物の捕獲、処理などが主な仕事。「すぐやる課」は、天候不順でも普段と変わらず仕事に励んでいた。すぐやってもらった住民は「すぐやる課さまさま」と感謝し、スタジオでは蜂の巣を始末する手際の良さに驚嘆の声が上がる。

   ところで、この「すぐやる課」、松戸市でのブレークを受けてか、全国各地で作られたが、他の課とのあつれきが生じたりして、消えていったものも多いそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中