インリンが闘う場所 「リングではなく法廷」

印刷

    タレントのインリン・オブ・ジョイトイがブログで、スポーツ紙の報道にかみついている。

   2009年10月8日の記事によると、インリンはネットのニュースを通じて、「インリン様、ハッスル参戦か???」という記事を目にしたらしい。

   これは、10月10日にあるプロレス「ハッスル・ジハード」の記者会見の様子を取り上げたものだ。その際、酒井正和最高顧問、山口日昇CEOらが次回マッチに、「インリン様」へもオファーしたい考えを明かしたのだ。インリンはこれに、「懲りない人達だなぁ」と題した記事を書いている。

「最初はバカバカしいので、無視しようと思ったのですが…期待する方もいらっしゃるといけない、…と思うので、ハッキリ言わせてください…100000000%ありえない!!!」

   ちなみに、インリンは会見では自分の名前を出さないで欲しい、と憤慨している様子。しかも、ハッスルとインリンとの間では、出演料をめぐるトラブルにもなっている。

「てか、例の裁判まだ終わってないんですけど?!」
「私が闘うのは、もうリングではなく、法廷です」

テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中